SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ユキの日々萌萌

ニュース欄

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

なんで~~~~!紀香と陣内挙式10日前に破局危機だった


日々萌萌 なんで~~~~!紀香と陣内挙式10日前に破局危機だった
以下ニュース抜粋URL
 女優藤原紀香(35)とお笑いタレント陣内智則(33)が30日、神戸市のホテルオークラ神戸で結婚披露宴を行う。招待客600人の盛大な宴になるが、引き出物には当日発売の紀香のエッセーも用意された。人生観とともに2人の交際過程もつづられ、2月17日の挙式10日前に破局危機に陥っていた秘話も明かされた。順風に見えた2人だが、大きな波乱も乗り越えていた。
 披露宴に合わせて今日30日に発売し、招待客の引き出物としても用意されたエッセーは「ハッピー・スピリット 紀香魂」(幻冬舎)。昨年11月の熱愛発覚から急ピッチで結婚に突き進んだ2人が、破局の危機を迎えたのは生田神社(神戸市)での挙式の10日前だった。
 同書によると、発端は陣内が出演した2月7日放送のバラエティー番組で2人の交際内容を次々に明かした。それまでネタにされることは気にしていなかった紀香だったが、その時ばかりは「女性として、とても傷つく内容だった」。芸人の妻として覚悟していたボーダーラインを超えていたという。その夜、紀香は陣内を電話で問い詰めた後、一方的に「もう別れましょう」とメールを送った。アドレスも携帯電話の番号も変え、その後3日間、連絡を取らなかった。
 当時、2人は12月に結納と婚約会見を終えていたが、挙式に向かってスケジュールは日を追って多忙になった。紀香は周囲の過熱ぶりから、頭部に円形脱毛症ができるなど、マリッジブルーだった。陣内も平均睡眠時間が約1時間半で、挙式の衣装合わせも苦労する状況だった。破局話はそのイライラと疲労が重なった末に噴き出した。深みにはまり紀香が連絡を取り直すと、陣内も「もう別れよう」と告げた。
 結局、陣内が悩み抜いた末に「僕が好きになって結婚したいと思った人は『女優藤原紀香』じゃないから」と打ち明け、事態は一気に収拾した。それどころか、本音で話し合うことで以前より理解を深めあったという。
 2人は、無事に挙式を終え、4月10日に婚姻届を提出。披露宴の日を迎える。同書には破局の危機以外にも、紀香が陣内の交際の申し出を1度は断っているエピソードなどがまとめられている。招待客にもファンにも愛の軌跡のすべてを披露する趣向だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070530-00000043-nks-ent&kz=ent

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。