SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート

ユキの日々萌萌

ニュース欄

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ぐへw福田3年半ぶりJ復帰へ スペインより代表入りたい


日々萌萌 ぐへw福田3年半ぶりJ復帰へ スペインより代表入りたい
以下ニュース抜粋URL
 スペイン2部リーグのヌマンシアで活躍中のFW福田健二(29)が約3年半ぶりにJリーグに復帰する可能性があることが10日、明らかになった。6月末で契約が切れる福田に対し、ヌマンシアは3年間の契約延長を申し入れたことが判明。しかし関係者によると、日本代表入りを見据える福田はJリーグ復帰も視野に入れている。同選手の保有権はJ2仙台にあり、今後の所属先を模索中。FW不足にあえぐオシム・ジャパンにとって救世主が誕生する可能性も出てきた。 海外で進化を遂げた福田が"逆輸入FW"として今夏、J復帰する可能性が出てきた。前節のエヒド戦の時点で今季9得点と活躍中の日本人FWを、ヌマンシア側は高く評価。6月末で契約が切れる福田に対し、29歳という年齢にもかかわらず、破格となる3年の契約延長を打診。さらに同国のアルバセテやセルタなども興味を示す。 しかし福田に近い関係者によると、本人は日本代表入りも目指しており、J復帰も視野に入れて今後の所属先を模索中だという。福田の保有権は日本で最後に所属したJ2・仙台が保持。FW不足にあえぐJ1クラブも多く、3年半ぶりのJ復帰の可能性は十分ある。 福田は、左利きで、スピードを生かして、スペースを見つけて走り込むタイプ。ここ一番の勝負強さを海外経験で磨いた。前線で当たり負けしない強さもある。元スペイン代表DFのゴイコエチェア監督からも「技術的には一番ではないが、スピードとフィジカルはある。とにかくFWに最も必要なゴールを狙う闘争心を持っている」と、評価されている。 04年2月にパラグアイ1部のグアラニで海外でのキャリアをスタートさせた福田は、南米のクラブNO1を決めるリベルタドーレス杯にも出場。その後、メキシコを経て、スペインに渡り、今季からヌマンシアと契約した。しかし福田の活躍は、オシム監督にはいまだに届いていない。代表スタッフによると、スタッフ会議でヌマンシアでのプレーを見る機会はなく、映像も入手していない状況だという。日本代表入りを目指す福田にとって、オシムの目に留まらないスペイン2部より、確実にチェック対象となるJを移籍の視野に入れる理由だ。div id=atFold
 日本代表にとっては、救世主となりうる存在。現時点ではドイツで活躍中の高原直泰(フランクフルト)がエースとして君臨するが、JリーガーFWで計算できるFWが少ない。スペインでの活躍を見守るクラブ関係者は「福田はかなり成長している。高原に負けないくらいタフな選手」と絶賛している。とにかく走ることを要求されるスペイン2部でも、90分間、走り続け、スピードも落ちないスタミナを身につけた。オシム監督の求める走力を備えたFWだ。 福田は自らの力で道を切り開いてきた数少ない選手の1人。グアラニ時代は月給4000ドル(約48万円)だった給料も、今では月1万2000ユーロ(約195万円)と4倍に。10月で30歳を迎える福田にとって、代表入りをアピールするためにヌマンシアのオファーを蹴るのか? 海外からの誘いを断ってJ復帰となれば、近年例にない逆輸入となる。 ◆福田 健二(ふくだ・けんじ)1977年10月21日、愛媛県生まれ。29歳。習志野高から名古屋に入団。その後、F東京、仙台を経て、04年からパラグアイ1部のグアラニへ移籍。05年にはメキシコ1部のパチューカ、同2部のイラプアトでプレーし、05年からスペイン2部のカステリョンへ。今季からヌマンシア。99年には五輪代表でシドニー五輪アジア最終予選に出場。01年には日本代表候補にも選ばれた。178センチ、72キロ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070611-00000087-sph-socc&kz=socc

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。